日本のパチンコ文化

日本ではパチンコ店が大きな売り上げを上げており、国内総生産の約4%近くをパチンコ産業が占めているとされています。世界にもパチンコという遊戯自体は存在しますが、ここまで国中で楽しまれていることはありません。日本旅行に来た外国人の多くがパチンコで遊んだりするとも言われており、日本の文化と呼んで差し支えないでしょう。 おみくじや運試し  日本には年始の正月などで神社でおみくじを引く習慣があります。当たり前のように感じているこれも良く考えてみれば、ギャンブルと似たようなものだと思いませんか?日本人はこうした運試しが好きなのです。ベラジョンカジノも運試しにおすすめです。

日本のコミュニケーション

日本人は空気を読むことが重要視される傾向があり、それが普段のコミュニケーションにも色濃く反映されています。 海外の日本のコミュニケーションの違い 前述のように日本では空気を読んだり相手の言いたいことを言葉以上に汲み取ることが必要とされます。なので相手が伝えていない事でも文脈から予想して理解しなければならないのです。 一方海外では、伝わるのは言葉にしたことだけです。言っていないことは当然伝わらないのです。それはビジネス場においても同様であり、自分の言いたいことははっきりと伝えないと相手は何も理解してくれません。どちらの文化が良いと感じるでしょうか。人それぞれだとは思います。

欧米との生活様式の違い

日本は島国ということもあり、鎖国していた歴史などもあってか世界と比べて異なった生活様式が多く見られます。そんな違いをピックアップして紹介していきたいと思います。 食器を手で持つ 食事の際、日本では利き手で箸を持ち、反対の手で食器や茶碗を持って食べることがマナーとされることがあります。持たずに食べると、まるで犬のようだと思われるからです。 しかし反対に海外ではこの行為はマナー違反になることも。食器を持って食べるのはがっついているように見られてしまい、常識のない人間とみなされます。