日本での仕事文化

良く海外で日本人は勤勉な人々だと言われることがあります。これは一日の中で仕事をしている時間が長いことが一つの理由として上げられています。半強制的な残業や無休でのサービス残業は大きな問題として昨今では少しづつ改善されてきていますが、依然として存在しています。 海外での残業 日本では上司がまだ会社に残っている場合先に帰るのは失礼だという風潮があり、会社によっては若手が先に退社することはもってのほかという常識が蔓延っていることがあります。自分の一日の仕事が終わっていようが帰ることが許されないのです。 一方欧米社会では残業をするのは自分の仕事を終えていないときであり、それ故に毎日のように残って仕事をしている人は時間管理の下手な無能のように思われてしまいます。

日本のコミュニケーション

日本人は空気を読むことが重要視される傾向があり、それが普段のコミュニケーションにも色濃く反映されています。 海外の日本のコミュニケーションの違い 前述のように日本では空気を読んだり相手の言いたいことを言葉以上に汲み取ることが必要とされます。なので相手が伝えていない事でも文脈から予想して理解しなければならないのです。 一方海外では、伝わるのは言葉にしたことだけです。言っていないことは当然伝わらないのです。それはビジネス場においても同様であり、自分の言いたいことははっきりと伝えないと相手は何も理解してくれません。どちらの文化が良いと感じるでしょうか。人それぞれだとは思います。

欧米との生活様式の違い

日本は島国ということもあり、鎖国していた歴史などもあってか世界と比べて異なった生活様式が多く見られます。そんな違いをピックアップして紹介していきたいと思います。 食器を手で持つ 食事の際、日本では利き手で箸を持ち、反対の手で食器や茶碗を持って食べることがマナーとされることがあります。持たずに食べると、まるで犬のようだと思われるからです。 しかし反対に海外ではこの行為はマナー違反になることも。食器を持って食べるのはがっついているように見られてしまい、常識のない人間とみなされます。